女性

プラセンタを補給しよう|化粧品で美肌を目指す

美容に好影響を与える成分

レディー

改良されたビタミンC

化粧品にビタミンCを配合する場合には、必ずビタミンc誘導体の形にして配合されます。ビタミンCを直接生の状態で配合している化粧品もありますが、ビタミンCの性質上、肌に有効な量を届けることが難しくなります。そのためカプセル化などを施した状態で配合されていることが多くなっています。ほとんどの化粧品にはビタミンc誘導体の形を採用しています。これは、ビタミンCの性質上、壊れやすく肌に届きにくい点を解消している事と、浸透力を強化しているためです。ビタミンc誘導体は肌に触れた段階で分子が離れてビタミンCになります。すべてのビタミンCを肌に有効に取り入れることは活性酸素などの影響で難しいのですが、生のビタミンCを利用するより効率が良くなっています。

水溶性と油溶性両方

ビタミンc誘導体には大きく二種類があります。一つが水溶性のものでもう一つが油溶性のものです。水溶性の化粧品は化粧水や美容液などに使用され、クリームや乳液などは油溶性になっています。ビタミンCを肌に届けるには肌のバリア機能を通過しなければなりません。肌のバリア機能には水溶性と油溶性の両方が存在するため、両方を通過する目的を持っているのです。最近人気になっているオールインワンジェルなどにも配合することが可能になっており、肌に浸透してからできる限り成分を壊さない状態で有効に働くように配合されています。化粧品を選択する際には、美容に欠かせない成分であるビタミンc誘導体が配合されている製品を選択することが賢いといえます。